なもなきアクアリウム

なもなきアクアリウム

すきなこととかたのしいことを…

ウイスキー-スコッチ

【レビュー】#171『ティーチャーズ ハイランドクリーム』の価格の安さはその完成度に対してバグりすぎている。

こんにちは。もう一度、こんにちは。 ウイスキーを飲み始めた直後に買ったものなどは、レビューや写真に収めることなく飲みつくしてしまっているのでブログ用に再購入して飲みなおす機会が増えてきました。 美味しいとわかっていながらも、知識が付いた後で…

【狂】カスクシリーズを全部混ぜて『デュワーズ アルティメットスムース』を作ろう

こんにちは。もう一度、こんにちは。 デュワーズのイノベーション・ユニークカスク・樽シリーズが3年の月日をまたいで完結しました。 そもそも#3の時点で第一弾のカリビアンスムースを扱っていたのもあり、当ブログの黎明期から時を同じくして歩んできた一種…

【レビュー】#170『デュワーズ フレンチスムース8年』はりんごの蜜の甘さ、爽やかさを体現した癖のない優等生。

こんにちは。もう一度、こんにちは。 間が空きましたがシンプルに忙しかっただけです。 今月もまだまだ頑張って更新していきます。たぶんね… 今回はこちら。 デュワーズ フレンチスムース 8年 Dewar's FRENCH SMOOTH Aged 8 Years 製造元:ジョン・デュワー…

【レビュー】#169 濃い出汁感、豹変するフルーティ、『ザ・ディーコン』がキてます!!!!

こんにちは。もう一度、こんにちは。 あった!!地方にも、ようやくあったんです!!!!!!! ザ・ディーコン THE DEACON 製造元:ソブリン・ブランズ社 内容量:700ml アルコール度数:40% ブレンデッド・スコッチウイスキー 購入時価格:3,608円(税込…

【レビュー】#166『インチマリン12年』は初心者にもやさしい、果汁感が心地良い優等生。

こんにちは。もう一度、こんにちは。 4月があっという間に過ぎ、5月直前です。 というか今年に入ってもう4か月経ったのかと驚きを隠せません。 今回は記事化が12か月も滞ってたシリーズ第一弾のこちら。 インチマリン 12年 ROCH LOMOND INCHMURRIN AGED 12 Y…

【レビュー】#163『ブラックボトル10年』は過不足の無い、複雑で巧みなブレンデッド。

こんにちは。もう一度、こんにちは。 今回の話がちょっと掠るので話しますが、とっくの昔にWWA(World Whiskies Awards)の2024の結果が出ていました。 さりげなく見てはいたものの、言及するほど興味のあるボトルが無く…というか誰!?ってウイスキーが増え…

【レビュー】#162『バランタイン17年』に言葉は不要、スコッチの真の理。

こんにちは。もう一度、こんにちは。 試飲だったりハイボール缶ばっかり続いていたので通常スタイルの更新なんて久々な気がします。 フルボトル買うお金が無くなったわけではありません。お金は最初から無いです。 バランタイン 17年 Ballantine's AGED 17 Y…

【レビュー】#146『ハイランドクイーン1561 30年』はハイスペックなのにリーズナブル、なんでも器用にこなせるぶっ壊れウイスキー。

こんにちは。もう一度、こんにちは。 記事の最後に微妙に告知があります、よろしくね 今回はこちら。 ハイランドクイーン1561 30年 HIGHLAND QUEEN 1561 AGED 30 YEARS 製造元:メゾン・ミッシェル・ピカール社(現在) 内容量:700ml アルコール度数:40% …

【レビュー】#145『ポートアスケイグ 100プルーフ』は濃厚出汁感のシークレットアイラ。

こんにちは。もう一度、こんにちは。 本業が落ち着いたからSkebやるか~→本業が忙しくなる やめろ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!! 今回はこちら。 ポートアスケイグ 100プルーフ Port Askaig 100°P…

【レビュー】#139『レダイグ 10年』はアイラモルトに引けを取らないピーティでブリニーなハイスペックさ。

こんにちは。もう一度、こんにちは。 先日ようやくアードベッグTENのフルボトルを入手して飲んでいるのですが、やっぱりすんごい美味しいですね。 個人的経験則でいくと、シェリー系が強いウイスキーに限って香味が抜けていきやすい傾向にあるような気がしま…

【レビュー】#138『デュワーズ ジャパニーズスムース8年』はスコッチ版サントリーローヤルみたいな…

こんにちは。もう一度、こんにちは。 買って到着するまでが一番楽しい、あるあるだと思います。 今回もそんな感じで待っている時間のほうが楽しかったやつ(失礼) デュワーズ ジャパニーズスムース 8年 Dewar's JAPANESE SMOOTH Aged 8 Years 製造元:ジョ…

【レビュー】#137『グレンアラヒー 8年』は本来の姿が垣間見えるナチュラルなグレンアラヒー。

こんにちは。もう一度、こんにちは。 当ブログをご覧の皆様にとってはみじんも興味ないと思いますが、ぼちぼちイラスト活動を再開しようと思っています。 最初の数文は日記なんで何書いてもいい感がある。あるんですのよ!!!!! 今回も量り売りです。こち…

【レビュー】#136『グレンモーレンジィ 18年』は”原点”から正統進化したひとつの完成形。

こんにちは。もう一度、こんにちは。 今回から早速大阪旅行で手に入れたブツを飲んでいきます。 (というか大阪旅行の記事を出してないのにこの記事を書いてたので突如として沸いた量り売りボトルみたいな感じだったのでしぶしぶ旅行記事を先出ししました) …

【レビュー】#132『クラガンモア 12年』は桃の天然水的な清楚系…と見せかけて裏もある。

こんにちは。もう一度、こんにちは。 じつは結構な花粉症持ちで、どの花粉でもアレルギーが出るレベルで花粉に対して虚弱体質です。 先日Amazonのセールでアレジオンが安かったので試しに買ってみたのですが、マジで効くわ効くわでドン引きしました(いい意…

【レビュー】#131『クラシック オブ アイラ(2022)』は”銘酒”の味、ピートを濃く楽しめるシークレットアイラ。

こんにちは、もう一度、こんにちは。 久々に書く気がします、これ。 今回は前回の記事で言及した「ブログの収益で買ったウイスキー」です。 朝倉あさげ、こいつが贔屓にしてそうな銘柄をぼんやりと思い浮かべるとなんとなくわかってくると思いますよ・・・ …

【A.O.W.A.2022】アサゲ・オブ・ウイスキー・アワード2022 ほか年末のご挨拶

こんにちは。朝倉あさげです。 今年もなんだかんだでブログが音信不通にならずに続けてこられたので、第2回が開催される運びとなりました。 今年の総決算として2022年に記事として出したウイスキーたちを朝倉あさげが独自に表彰する「アサゲ・オブ・ウイスキ…

【レビュー】#130『ザ・フェイマスグラウス シェリーカスクフィニッシュ』は香り甘々、味はフルーティでスパイシー。

こんにちは。もう一度、こんにちは。 更新頻度的に今回が今年最後のレビュー記事です。 番号的にもちょうどキリがいいのでいい感じです。 今回は最近国内にも入ってきたこちら。 ザ・フェイマスグラウス シェリーカスクフィニッシュ THE FAMOUS GROUSE SHERR…

【レビュー】#129『キルホーマン サナイグ』は甘フルーティでいて、潮スモークなハイセンスモルト。

こんにちは。もう一度、こんにちは。 11月に入ったあたりであちらこちらでクリスマスの宣伝をし始めているのを見て「さすがに気が早すぎないかい…?」などと考えてたものですが気が付いたらもう目の前にクリスマス、年末と迫ってきているのに戦々恐々として…

【レビュー】#124『デュワーズ ポルトガルスムース8年』はチェリーの果実感が違和感なく馴染んだルビーポートカスク。

こんにちは。もう一度、こんにちは。 デカい虫歯を治療してからというもの数か月おきに歯医者の定期健診に通っているのですが、虫歯が3箇所あるから毎週来てねとかいきなり言われて泣いています。 前歯の虫歯って、なに…??? 今回はこちら。 デュワーズ ポ…

【レビュー】#116 『グレンフィディック12年』は爽やか滑らかフルーティの三本柱。

こんにちは。もう一度、こんにちは。 いよいよ値上げの波が実感として掴めるところまで迫ってきましたね。 半年前と比べてどの銘柄も値上がりを感じずにはいられません。 今回はそんな波が顕著に表れているような気がするこちら。 グレンフィディック 12年 G…

【レビュー】#108 『ザ・フェイマスグラウス スモーキーブラック』は(個人的には)合体事故の問題児…?

こんにちは。もう一度、こんにちは。 最近なにもかもが面倒なのと、飲酒量を抑えているので写真を撮りながらウイスキーを飲む頻度が減りました。 なんというか、缶チューハイやら缶ハイボールやらを飲んでいる始末です… 楽だからね… 今回はこちら。 ザ・フェ…

【レビュー】#106 『タリスカー10年(新ボトル)』はすこし優しくなったけど、まだまだきちんとタリスカー。

こんにちは。もう一度、こんにちは。 月火水ってすぐに過ぎていくと思いませんか? ダラダラしているとすぐ納期に追われる羽目になるっていうのを毎週繰り返しています。 今回はこちら。 タリスカー10年(新) TALISKER AGED 10 YEARS 蒸留所名:タリスカー…

【レビュー】#105 『オーバン14年』は潮と果実が香る静寂のモルト。

こんにちは。もう一度、こんにちは。 今年は抽選運がすこぶる良いのでもしかしたらと思いましたが… まぁ響が当たったので贅沢言うなよって話なんですけれどね… それはそれとして今回はこちら。 オーバン 14年 OBAN 14 YEARS OLD 蒸留所名:オーバン蒸留所(…

【レビュー】#104 『グレンモーレンジィ ラサンタ12年』は2年の後熟でどうしてこうなった…?なグレンモーレンジィ。

こんにちは。もう一度、こんにちは。 べつに専業としているわけではないのですが、イラストの進みが遅いと個人的に禁酒をして集中することにしているので現在禁酒中です。 月初にSkebを開設したのもあって、その作業に集中したりしなかったり…(自業自得) …

【レビュー】#103 『ジョニーウォーカーグリーンラベル15年』はスコッチ飲みなら避けては通れない傑作ブレンデッドモルト。

こんにちは。もう一度、こんにちは。 USD/JPY、現在132.8円。この円安水準は20年ぶりだそうです。 自国通貨が毀損され続けて良いわけないだろ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!…

【レビュー】#102 『ブナハーブン 12年』はアイラ発・万人向け・異端児。

こんにちは。もう一度、こんにちは。 6月に入りましたね。 更新がちょっとだけ滞っていたのは単純にネタが無かったからです。 今回は「アイラモルトを飲もう」番外編の第二弾です。 ブナハーブン 12年 Bunnahabhain 12 YEARS OLD 蒸留所名:ブナハーブン蒸留…

【レビュー】#101 『アイル・オブ・ジュラ 10年(オリジン)』はしっかり厚みのあるマイルドさ、香草っぽさ。

こんにちは。もう一度、こんにちは。 オフィシャルでの飲み比べセットという商品、もっと出してほしいです。 かといって明らかに割高っぽいグレンファークラスみたいなのはちょっと…というジレンマもありますが… 今回はそのオフィシャル発の小瓶セットから。…

【レビュー】#98 『キルホーマン マキヤーベイ』は穏やかまろやか、アイラモルトの入口に最適かも?

こんにちは。もう一度、こんにちは。 アンガーマネジメントの話で、腹が立ったらとりあえず6秒待つと幾分理性が戻るなどと言われていますがかんじんの6秒を待てないことが多かったりします。 某氏の対処法が良かったので紹介しますが「イライラするのは空腹…

【レビュー】#96 『グレンモーレンジィ オリジナル』は”原点”にして磨き抜かれた完成度。

こんにちは。もう一度、こんにちは。 ウイスキーのレビュー記事って結構購入の際の参考になるので自分自身いろいろと読み漁っているのですが、当ブログの記事はそういう面で役に立ったりしているのでしょうか…? 役立ってると嬉しいです… いまになって初期の…

【レビュー】#95 『ラガヴーリン8年』はまろやか甘い、「銘酒」の予兆。

こんにちは。もう一度、こんにちは。 #100に向けてなんのボトルを飲もうか考えています。 ちなみに#50は響JHでした。 その流れで言うとやはりサントリー系になるのかなぁ…? 今回はこちら。 ラガヴーリン 8年 LAGAVULIN AGED 8 YEARS 蒸留所名:ラガヴーリン…