なもなきアクアリウム

なもなきアクアリウム

すきなこととかたのしいこと

【新生】ザ・グレンタレットが大幅リニューアルするらしい。

いまさらながらの情報ですが・・・

スコッチのハイランドモルトであるところの「ザ・グレンタレット」が2021年7月27日(火)よりリニューアルします。

 

f:id:asgsn:20210713222631p:plain

https://www.theglenturret.com/our-whisky/core-range

(グレンタレット公式(外国語ページ))

 

 

詳しい情報は正規販売を行う株式会社都光さんのこちらのページに。

www.toko-t.co.jp

 

 

グレンタレットはゲール語「乾いた谷」の意。(諸説あり)

当ブログでもちょくちょく出てくる「ザ・フェイマスグラウス」のキーモルトとしても名の知れている銘柄です。また、スコットランド最古の蒸留所ともいわれています。(なんと1763年には存在していたらしい…)

 

そして何より有名なのはウイスキーキャット「タウザー」の話。蒸留所で飼われていたタウザーは生涯を通して28899匹のネズミを捕まえたとしてギネス世界記録に認定されています。ザ・フェイマスキャットという訳です。

 

ちなみに旧ボトルはこんなデザイン。

リカマンさんからそのまま引っ張ってきました。まずかったら教えてください

 

f:id:asgsn:20210713223240j:plain

https://likaman.net/html/page175.html

 

 

落ち着いたデザインでこれはこれで好きです。

リカマンさんのページでも紹介されているように、いままでの主なラインナップは「10年」「シェリカスク」「トリプルウッド」「ピーテッド」の4種類でした。

 

都光さんのニュースリリースと擦り合わせてみると・・・

シェリカスクが消え10年が「10年ピートスモークド」となりピーテッド仕様になっていますね。また、「10年ピートスモークド」はアルコール度数が50%と高めになっています。

で、近年のオフィシャルからは消えていた12年」が復活しています。さらに上位に15年」「25年」「30年が据えられています。今回25年は正規品としては入ってこないそうです。

トリプルウッド以外はノンカラー(無着色)、ノンチルフィルター(無冷却濾過)仕様です。(トリプルウッドはノンカラーだけ) 近年流行りの素材そのままってやつですね。

 

 

最近ではタリスカーのラベルチェンジも話題になっていますが、今回のグレンタレットのリニューアルはボトルも中身もガラッと変わるのが明らかなので時代のサガか、旧ボトルが高騰するかも…

 

自分自身、ザ・グレンタレットを飲んだことがないのでひとまず旧ボトルが大いに気になっています。フェイマスグラウスの味わいのどのくらいがグレンタレットによるものなのかが特に、すげぇ、気になっています。

 

f:id:asgsn:20210713222631p:plain

どうでもいいですが、このボトルを見たときに強烈な既視感を覚えずっとウンウン悩んでいましたが、台湾ウイスキーカバラですね。横のデコボコが…

厚底でシュっとした感じはジョニーウォーカーの上位モデル然としている。

 

f:id:asgsn:20210713230738j:plain
f:id:asgsn:20210713231027j:plain

 

スコットランド最古の蒸留所が生み出すウイスキーが纏うボトルが、今の時代に即した洗練された素敵なデザインに生まれ変わったと考えるとなにか感慨にひたってしまいます。。。

 

アランしかり、ボトルの大幅なリニューアルで広く人目につくことで人気が上がったりするのでグレンタレットも皆に広く知られるウイスキーになると嬉しいです。買い占めによる品薄はうれしくないです。