なもなきアクアリウム

なもなきアクアリウム

すきなこととかたのしいことをつれづれなるままに

【レビュー】#41 『グレンタレット シェリー』は甘く落ち着きを持った雷鳥のよう。

再三にわたってしつこいですが「岩井トラディション」にハマっています。あの価格でこれだけの味を楽しめるならこれ以上のものは無いと思っているのですがおなじマルスでも「ツインアルプス」とかはあんまり良い評価を聞かないんですよね。そっちはまだ飲んだことない。。。

 

レビュー企画については年内で#50までいけたらいいなという感じで、このペースならギリ行くか行かないかくらいと思っています。

 

今回はこちら。

 

 

f:id:asgsn:20211005171816j:plain

グレンタレット シェリ 

THE GLENTURRET Sherry CASK EDITION

蒸留所名:グレンタレット蒸留所(ハイランド)

内容量:700ml

アルコール度数:43%

シングルモルト・スコッチウイスキー

購入時価格:3,900円(税込み)

 

 

 

 

前回、フェイマスグラウスの脊椎と称した「グレンタレット」シェリカスクエディションです。

ヨーロピアンオークシェリー樽で熟成された原酒のみを使用したスモールバッチ商品らしいです。

 

前回飲んだ「グレンタレット10年」はこちら。

asgsn.hatenablog.com

 

当時疲れていたのか、本文では雷鳥の脊椎ってきちんと書いていたのにタイトルだけ「雷鳥脊髄」とか書いてたのでコッソリ修正しました。

 

 

そして、一応終売品です。

例の如くまだ通販にて定価付近で手に入るので今回紹介します。

 

f:id:asgsn:20211005171823j:plain

ラベルについては全体的に赤を基調としたデザインになっているほか、アルコール度数が43%になっています。(並行品、正規品で43%、40%のものがあるらしい?)

 

f:id:asgsn:20211005171830j:plain

WE RELY ON SKILLS PASSED FROM GENERATION TO GENERATION TO GET OUR PROCESS JUST RIGHT. WE'VE DONE THINGS EXACTLY THE SAME WAY SINCE ROBERT BURNS WAS IN HIS TEENS. WE'RE CRAFT DISTILLERS. ONRY FIVE PAIRS OF TRUSTED HANDS ARE USED TO MAKE OUR WHISKY.

TRADITION REIGNS SUPREME AT GRENTURRET.

AT GRENTURRET WE TAKE OUT WOOD SERIOUSLY. WE TRACK IT FROM SPAIN WHERE THE CASKS ARE FILLED WITH OLOROSO SHERRY AND LEFT TO INFUSE BEFORE BEING EMPTIED. THEY THEN MAKE THEIR WAY BACK TO US IN CRIEFF WHERE WE FILL THE CASKS WITH OUR PRECIOUS SINGLE MALT.

 

私たちは、世代を超えて受け継がれてきた技術を駆使して、適切な処理を行っています。私たちは、ロバート・バーンズが10代の頃から、まったく同じ方法で仕事をしてきました。私たちはクラフトディスティラーです。私たちのウイスキーは、信頼できる5組の作り手が製造しています。

グレンタレットでは、伝統が最も優先されているのです。

グレンタレットでは、木を大切にしています。オロロソシェリーが詰められ浸透した空の樽をスペインから取り寄せています。その後、クリフにある私たちのところに戻ってきて、貴重なシングルモルトを樽に詰めます。

(DeepL+意訳)

 

 

f:id:asgsn:20211005171838j:plain

10年のとおなじコルク栓です!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

 

おわり

 

・公式評

旧ボトルなので例の如く情報が無いです。

 

 

 

・ストレートで飲んでみる

f:id:asgsn:20211005171845j:plain

色 :ほのかに赤みのあるゴールド

香り:グレンタレット特有のサルファリーな香りの中にすごく甘いレーズンの香りが…もはやフェイマスグラウスでは?アルコールアタックは全然ない。

味 :甘さが際立つ。レーズン感は少しだけ…といった感じだがレーズンの甘さが際立っている感じ。アルコール刺激もそれほどでもない。飲みやすい。

 

 

・ロックで飲んでみる

f:id:asgsn:20211005171851j:plain

香り:レーズン感が爆発。グレーンが無いぶんネガティブなフレーバーのないフェイマスグラウスと言った感じで非常にシェリー感を楽しめる。

味 :甘い。甘い。なんというか、甘い。ロックは大いにアリ。余韻がビターさで〆るのもバランスがよい。

 

 

ハイボールで飲んでみる

f:id:asgsn:20211005171857j:plain

味:グレンタレットの酒質もあって薄まらずによく伸びる。ロックの項で述べたようにネガティブフレーバーが無く純粋にモルトシェリー!!樽感!!!と楽しめる完成度の高いハイボール

 

 

・総評

フェイマスグラウスを飲み慣れた人ならこれを雷鳥の上位モデルと感じることでしょう。

ラリックグループ傘下の現在ではトリプルウッドピーテッドは続投しているもののシェリを冠するものは無くなっているのである意味貴重な1本。

シェリーがどうのこうのと言ったものは無いものの一応現12年がシェリー樽原酒な気がする…

 

おススメはロック。嫌味のない甘く落ち着いたシェリー感をゆっくりと楽しみたい。

ハイボールもいける。

 

 

・所感

個人的にロックが合うウイスキーを探している最中なのでこういうのはうれしいですわね。長熟モルトのほうがロックに向いているのかしら・・・??だとしたら飲んでる価格レンジ的には出会い辛いような気がしないでもないですわね…

 

新グレンタレット、飲んでみたいのですがもはやどこにも売っていないのしんどいでしてよ…なぜ、初動で買わなかったのか、これが判らない、ですわ。