なもなきアクアリウム

なもなきアクアリウム

すきなこととかたのしいことをつれづれなるままに

【レビュー】#70 『デュワーズ イリーガルスムース8年』はピーマンを感じる(?)ゴキゲンで陽気なメスカルカスク。

こんにちは。もう一度、こんにちは。

 

ほんとはこの記事は昨日アップする予定だったのですが家に炭酸水がなくてハイボールの項が書けなかったせいで1日遅れました。

 

という言い訳をしつつキリのいい第70回はこちら。

 

f:id:asgsn:20220219172132j:plain

デュワーズ イリーガルスムース 8年

Dewar's  ILEGAL SMOOTH  Aged 8 Years

製造元:ジョン・デュワー&サンズ社

内容量:700ml

アルコール度数:40%

ブレンデッド・スコッチウイスキー

購入時価格:2,777円(税込み)

 

 

 

 

現時点(2022年2月19日)ではAmazonでのみ先行販売されているイノベーションシリーズ第2弾。

第1弾のカリビアンスムースは#03にてレビューしました。

asgsn.hatenablog.com

 

今回のイリーガルスムースは熟成させたグレーン・モルト原酒をブレンド後、再度熟成(ダブルエイジ製法)させ、メスカル樽でフィニッシュをかけたものです。

 

メスカルとはメキシコ特産の蒸留酒リュウゼツランを主な原料としています。

個人的にはいもむしが入ったボトルという印象が強いです。

注釈を入れておくと、原料のリュウゼツランに生息しているグサーノ(いもむしの意)がボトルに入っているメスカルもあるということで、全部が全部いもむし入りというわけではないです。元々はアルコール度数の証明のために入れられていた(腐ってない=高度数)そうです。

 

ちなみにテキーラメスカルの一種で、リュウゼツラン科であるアガベという品種を使い、特定地域で蒸留される必要がある…などといった条件があります。

バーボンに対するテネシーウイスキーみたいな感じと言えばしっくりくるでしょうか?

 

f:id:asgsn:20220219172140j:plain

灰色の部分をよく見ると登録商標マーク(Rに〇囲み)が見えます。

つまり「イリーガル」というブランドのメスカル樽でフィニッシュをかけているということでしょうか?

 

ILEGALはスペイン語のスペルで、英語のILLEGALに相当します。

(メキシコの公用語スペイン語

LEGAL(正当な、法的な)に対する ILLEGAL(非合法、不法な)という意味です。

パっと浮かんできたかもしれませんがシーバスリーガルのスペルはChivas Regalです。

 

f:id:asgsn:20220219172148j:plain

話が長くなりましたがスクリューキャップです。

リビアンスムースでは水色のキャップだったのできちんと商品ごとに別々のものを作っていて細かさを感じずにはいられない。

 

 

・公式評(Dewar’s海外公式より)

Dewar’s Ilegal Smooth is a brand new to world product from Dewar’s, bringing together the classic honeyed and fruity house style of the Dewar’s blend and adding this truly unique layer of flavour by finishing the blend in Ilegal Mezcal casks; giving it surprising notes of sliced green pepper and a long wisp of smoke finish.

The result is a slightly quirky, yet supremely smooth taste, unlike anything before. More than just great tasting scotch, Dewar’s Ilegal Smooth brings two cultures together to create something uniquely richer.

デュワーズ イリーガル スムーズは、デュワーズの新しい商品で、ハチミツとフルーティーなハウススタイルのデュワーズブレンドに、イリーガル メスカル樽で仕上げたユニークな風味を加えています。スライスしたグリーンペッパーの驚くべき香りと、長いスモークのフィニッシュが特徴です。

その結果、これまでにない、少し風変わりでありながら最高に滑らかな味わいが生まれました。デュワーズ イリーガル スムーズは、単に美味しいスコッチというだけでなく、2つの文化を融合させ、他に類を見ない豊かな味わいを生み出しています。

https://www.dewars.com/double-aged-whiskies/ilegal-smooth-8-year-old-whisky/

(※海外サイト)

 

グリーンペッパーとありますが公式のフレーバーノートに描かれているイラストがどう見てもピーマンなのでピーマンと訳したほうがいいのかもしれない…

 

 

・ストレートで飲んでみる

f:id:asgsn:20220219172155j:plain

色 :深みのあるゴールド

香り:なんだ、ほんとに独特な香り。

   野菜っぽいというか、水気のある植物っぽい香り。

   そしてほのかに甘い香り。奥には樽の香り。

味 :あ、なるほどスパイシーってこんな感じなのか。

   というくらいわかりやすくスパイシー。

   それとやはり草っぽい。

   余韻はデュワーズっぽく樽のビターさが現れる。

 

 

・ロックで飲んでみる

f:id:asgsn:20220219172202j:plain

香り:はちみつっぽい甘い香りが強まって出てくる。

   野菜っぽさは後退する。

味 :いろいろと弾ける。

   甘さが目立つようになるし、スパイシーっぽさもあるし、

   野菜っぽさも依然としてある。

   それらがわちゃわちゃと陽気に踊る。

 

 

ハイボールで飲んでみる

f:id:asgsn:20220219172208j:plain

味:炭酸に乗ってほんわかとした草っぽさ

  甘さもふんわりと漂う。

  独特だけど飲みやすい。さすがデュワーズさすデュワ。

 

 

・総評

とにかく独特。それでいて面白さが大きい。

 

草感は朝倉のサクラカスクフィニッシュ以来かもしれない。

草というより野菜っぽいのが面白い。確かにピーマンかも。

 

あとスパイシーさが目立つのも大きな個性があって面白い。

ウイスキーでスパイシーを感じるのはもしかしたら今回が初体験かもしれん。

 

甘さ、草感、スパイシーさ。

それぞれの個性が引き立ってゴキゲンなロックがおすすめ。

 

 

・総評

少なからずラム酒の経験があったリビアンスムースに対し、メスカルは一度も飲んだことが無いので「ははぁここんところにメスカル感出てますわねぇ」というコメントはできませんが、メスカルに対しても興味を抱かせる秀逸な試みだと思いましたのよ。

 

ちなみにイノベーションシリーズ、海外ではもう5種出ていまして

ポートワイン樽フィニッシュのポルトガルスムース

ミズナラ樽フィニッシュのジャパニーズスムース

カルヴァドス樽フィニッシュのフレンチスムース

の3つがあとに控えていますわ。

 

f:id:asgsn:20220219224316p:plain
f:id:asgsn:20220219224334p:plain
f:id:asgsn:20220219224335p:plain

・・・やはり目を惹くのはジャパニーズスムースでしょうか?

箱にもラベルにも「和」と書かれているのはインパクト大ですわね。

海外諸兄たちのレビューを見ると概ね「いいぜ」という評価が多数でしたのでなかなかに期待できそうですわね。

 

ただ、樽自体はミズナラのバージンカスクらしいので山崎などのジャパニーズウイスキーから連想する香りからはちょっと違うというか、個性の強いものになっているかもしれないですわね。

ミズナラの新樽は木香の個性が強いと言われています。

 

それにしても1年おきのリリースだとしたら順繰りでもコンプまでにあと3年はかかるという計算になりますが…某オリジンシリーズと共に気長に国内でのリリースを待つしかなさそうですわね…

 

 

・次回

asgsn.hatenablog.com

 

・前回

asgsn.hatenablog.com