なもなきアクアリウム

なもなきアクアリウム

すきなこととかたのしいことをつれづれなるままに

【レビュー】#53 『ザ・グレンリベット カリビアンリザーブ』はロックで南国感が花開くオンライン限定品。

こんにちは。もう一度、こんにちは。

 

恐怖の円盤生物レビュー週間シリーズ第2弾。

今回は新発売のこれ。

 

f:id:asgsn:20211208153406j:plain

ザ・グレンリベット カリビアリザーブ

THE GLENLIVET  CARIBBEAN RESERVE

蒸留所名:グレンリベット蒸留所(スペイサイド)

内容量:700ml

アルコール度数:40%

シングルモルト・スコッチウイスキー

購入時価格:4,280円(税込み)

 

 

 

 

(いまのところ)オンラインショップ限定販売のグレンリベット。

日本の市場では2021年12月6日から販売開始されています。

 

限定ものということでAmazon、リカマンの予約枠はすぐに埋まり、ビック酒販ではまだ買えるよ!!!!!!という記事をアップした後でもAmazonの予約枠がちょこちょこ復活してたり…という感じで発売日を迎えました。

皆さん買えましたでしょうか?

 

 

公式の説明によると、リビアンラムの熟成に使用した樽でブレンドの一部をフィニッシュさせたグレンリベットらしいです。

 

同じくラムカスクフィニッシュであるデュワーズリビアンスムース8年」が去年の今頃くらいにオンライン先行発売していたのが記憶に新しいですね。

というかもう1年経ったんだ…

 

f:id:asgsn:20211208153412j:plain

イメージカラーはオレンジ。

まさしくトロピカルな印象を受けますね。

 

余談ですがファウンダーズリザーブには「AMERICAN OAK SELECTION」という副題の副題(?)が付いているのですがリビアリザーブにも箱のほうだけに「RUM BARREL SELECTION」という副題の副題が付いています。

 

f:id:asgsn:20211208153427j:plain

CARIBBEAN RESERVE IS A SWEET, TROPICAL TWIST TO THE GLENLIVET. TO CREATE THIS LIVELY WHISKY, OUR MAKERS FINISHED A PORTION OF THE WHISKY IN BARRELS WHICH PREVOUSLY HELD CARIBBEAN RUM. THE RESULT IS A SMOOTH, SWEET WHISKY. PERFECT TO ENJOY WITH A REFRESHING MIXER OR NEAT, JUST THE WAY YOU LIKE IT.

NOSE
SEET NOTES OF PEAR AND RED APPLE MEET A FABULOUS TROPICAL TWIST OF RIPE BANANAS IN SYRUP.
PALATE
RICH CARAMEL TOFFEE NOTES ARE FOLLOWED BY MANDARIN ORANGE, VANILLA AND HONEYDEW MELON. WELL-BALANCED AND EXCEPTIONALLY SMOOTH.
FINISH
CITRUSY AND DELICATE.

リビアリザーブは、グレンリベットに甘くてトロピカルなテイストを加えたものです。

この生き生きとしたウイスキーを作るために、ウイスキーの一部をかつてカリビアン・ラムを入れていた樽で仕上げました。その結果、滑らかで甘いウイスキーが出来上がりました。

爽やかなミキサーで割っても、ストレートでも、お好みの飲み方でお楽しみいただけます。

 

香り

洋ナシと赤リンゴの甘い香りに、熟したバナナのシロップ漬けの素晴らしいトロピカルな香りが加わります。
味わい

豊かなキャラメルとトフィーの香りに続いて、マンダリンオレンジ、バニラ、ハニーデューメロンの香りが広がります。バランスが良く、非常に滑らかな味わいです。
フィニッシュ
柑橘系の香りと繊細な味わい。(DeepL)

 

 

f:id:asgsn:20211208153434j:plain

いつものコルク栓です!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

 

 

・公式評(ザ・グレンリベット日本公式より)

香り:洋ナシと赤リンゴの甘い香りに、熟したバナナのシロップ漬けのトロピカルな味わいが加わる

味わい:豊かなキャラメルとタフィーの香りに続いて、トロピカルフルーツのフレーバーが広がる

フィニッシュ:バランスが良く、非常にスムーズ

https://www.theglenlivet.jp/our-whisky/cc-cr.html

 

上の通り箱にも書いてありますがせっかくなんで併記しました。

 

 

・ストレートで飲んでみる

f:id:asgsn:20211208153440j:plain

色 :やや深みのあるゴールド

香り:リベット感はあるものの香り立ちは控えめ。

   ほのかに黒砂糖のような香り。

   アルコール刺激は全くない。そこは驚き。

味 :口に含むとアルコール刺激が目立つ。

   余韻に一瞬だけ南国的な黄色いフルーツのニュアンスが感じ取れる。

   他は…特にないかな…

 

 

・ロックで飲んでみる

f:id:asgsn:20211208153446j:plain

香り:香りが開いてくる。

   砂糖のような甘い香りが主で、奥にリベット特有の爽やかフルーティな香りがかすかに。

味 :甘さが際立って感じられる。

   さらっとしたフルーツジュースのような甘み。

   クドくなくていい。余韻にほどよくビター。

   美味しい!

 

 

ハイボールで飲んでみる

f:id:asgsn:20211208153452j:plain

味:フルーティさも伴いつつ、ロックで感じたさらっとした甘みが主体。

  ライトですっきりとしたハイボール

 

 

・総評

正直なことを言うと、全体的にとてもライトなのでニュアンスを掴みに行くのが結構大変。

ストレートの段階でかなりムキになって香りを追わなければ感じ取れなかったので一瞬不穏な空気が流れた。

 

香り、味の両面で満遍なく要素が補強されて「ラムカスク」というコンセプトが十二分に伝わってくるロックがおすすめ。

 

ファーストインプレッションとしてはデュワーズリビアンスムースのほうがラムカスクとしては良く出来ているなぁという印象を受けた。

とは言っても開栓したてなのでこれから開くことに期待、かな…

 

ちなみにデュワーズのほうはこちら。

asgsn.hatenablog.com

 

 

・所感

もっとぶっちゃけると価格に見合ってはいない、というのが現段階での(予防線)率直な感想ですわね。

…いや12年が安すぎるっていうのも問題ですけれどね!?

上でも書きましたが開栓後の要素の開きに期待して寝かせておきますのよ。

 

デュワーズのほうを褒めましたがあちらは全量をラムカスクフィニッシュしてるっぽいのでブレンドの一部をラムカスクフィニッシュさせているこちらと比較するのも酷かもしれませんわね。。。

 

あと…これ

f:id:asgsn:20211208225648p:plain

やっぱり終売あそばしてやがりますわ!!!!!!!!!!(公式より)

 

これは日本公式の話ですのであくまで「正規品」については終売ってことですわね。

海外公式も見に行きましたが特には終売みたいな記載はなかったので並行品については変わらないとは思いますわよ。

 

ただ、日本国内で「終売」のイメージが根強く残っているので並行品が入ってきたとしても当分はプレ値で売られたり買い占めの対象になりそうなのが容易に想像できますわね…

 

ちなみに海外公式ではリビアリザーブを夏に飲むことを推奨していました。

そりゃそうだ・・・

 

 

・次回

asgsn.hatenablog.com

・前回

asgsn.hatenablog.com